Contents
←
→
イベントカレンダー
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
公益財団法人 鳥取県産業振興機構
〒689-1112
鳥取市若葉台南7丁目5番1号
■TEL:0857-52-3011
■FAX:0857-52-6673
■E-mail:
トップページ > 補助金・助成金 > 【平成30年度】鳥取県農商工連携促進ファンド事業 第1回公募

補助金・助成金
【平成30年度】鳥取県農商工連携促進ファンド事業 第1回公募
開催日2018年02月26日~04月06日

内容
 
 当財団では、県内産業の振興のため、「
鳥取県農商工連携促進ファンド(25億円)」を創設し、基金の運用益を活用して、農林漁業者と中小企業者が連携し、互いの強みを生かした新商品・新サービスの開発、その販路開拓、および生産効率改善のためのシステム構築等の取組に対し、助成金を交付する事業を平成21年度より実施しています。
過去の「採択状況ならびに採択事業」については下記資料よりご覧ください。

■鳥取県農商工ファンド事業の採択状況(平成30年2月15日付)


助成対象事業

補助率・限度額
期間・対象者
対 象 事 業
 農商工連携事業
 補助率 3/4 
 限度額 1,000万円  
 期 間 36月以内
 対象者 次のいずれかの要件を満たす者

 ア.創業又は経営の革新を行う中小企業者と農林漁業者の連携体

 イ.自ら事業を行うNPO法人等(※)と農林漁業者との連携体

(※)NPO法人、農業協同組合、畜産協同組合、森林組合、漁業協同組合、商工会議所・商工会(連合会を含む)、鳥取県産業技術センター、鳥取県産業振興機構、地域の協議会組織等
 連携体が、互いの経営資源を活用し、単なる商取引ではなく、それぞれが工夫を凝らして行う事業であって、新商品又は新サービスの開発、農林水産業の生産現場における生産効率向上のためのシステムづくり、及び当該新商品又は新サービスの販路拡大等を目的とした取組み
 農商工連携サポート事業
 補助率 10/10  
 限度額 500万円 
 期 間 12月以内
 対象者 中小企業者と農林漁業者との連携体を支援する事業を行う者(※)

(※)NPO法人、農業協同組合、畜産協同組合、森林組合、漁業協同組合、商工会議所・商工会(連合会を含む)、市町村、鳥取県産業技術センター、鳥取県産業振興機構等
展示会への出展、セミナーの開催等、連携体の事業化の促進を目的とした取組み(複数の連携体の取組を支援対象とする事業に限る。)
































事業採択方法

応募者には、事業提案書等の書類の提出、審査委員会でのプレゼンテーションを行っていただき、審査を経て採択します。

【採択基準】
(1)農商工連携事業
 ・市場性:ニーズがあるか。又は、成長が期待される分野であるか。
 ・革新性:競合商品・サービスとの比較において、競争優位を持っているか。
 ・実現可能性:事業を実施する経営(資金、人員、技術等)体制、具体的な事業計画は整っているか。
 ・地域活性化への普及効果:地域への波及効果、雇用、税収等地域経済に好影響を与えうるか。

(2)農商工連携サポート事業
 ・支援事業の妥当性:支援する事業の内容や目的が市場性、革新性を有しているか。
 ・実現可能性;事業を実施する体制(資金・人員・技術等)は整っているか。具体的な事業計画は整っているか。
 ・地域活性化への波及効果:地域への波及効果、雇用等、地域経済に好影響を与えうるか。



公募スケジュール

◆受付期間:平成30年2月26日(月)~平成30年4月6日(金)
◆第1回公募締切:平成30年4月6日(金) (審査会:5月初旬~中旬を予定)
 
 ※上記の締切日の午後5時必着

要領・様式

事業の適正かつ円満な実施を図るために必要な事項を定めています。

■要領
第1回公募応募要領
交付要領

■共通様式
様式1
様式1の2

提出書類チェックシート

■農商工連携事業
様式1(別紙)
連携体規約例(協定書)

■農商工連携サポート事業
様式1(別紙)

事業提案書提出先・お問い合わせ先

※ご不明な点がありましたら、お気軽に下記までご連絡ください。
 担当者がご相談内容について対応いたします。

公益財団法人 鳥取県産業振興機構
新事業推進部 地域資源活用グループ 川元・坂本

住所:鳥取市若葉台南7-5-1〒689-1112
電話:0857-52-6704
FAX:0857-52-6673
メール:shinjigyo02@toriton.or.jp
終了しました。